映画「乾いた花.]見たよ。

監督は篠田正浩で、池部良、加賀まりこ主演です。

昔見て、かっこいい映画だなと思いました。
最近の言葉でいうと“スタイリッシュ”ということですが、あのころはそんな言葉を知らなかった。

物語はストレートなやくざ物です。

組の都合で対抗する組の親分を刺し、服役していた村木(池部良)が出所するところから始まります。
久しぶりの娑婆で、まずは賭場へと出向く。
するとそこに冴子(加賀まりこ)という娘がいて、その賭けっぷりで注目を集めています。
冴子は村木に、もっと大金が動く賭場を紹介してほしいとせがむ。
そこで村木は弟分の相川(杉浦直樹)の仕切っている賭場へと連れて行く。
そしてそこでも冴子は、親分集の人気の的となる、という展開です。

原作が石原慎太郎で脚本が馬場当でした。
ということで、僕が最近見て全然だった篠田作品とは大きく違います。
モノクロ、シネスコ画面がとてもいい雰囲気だし、とにかくストレートなやくざ映画という、主題がブレないところも見やすい。

寺山修司&篠田正浩の作品群は、寺山がカリカチュウにしたい部分と篠田が重く扱いたい部分とがマッチせず、中途半端な作品となっていました。
ところが馬場と組んだこの作品は、とにかく中年ヤクザの心境を追い、そこへ十代の加賀まりこという絶妙な素材を得て、それこそ松竹の作品群で異彩を放っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です