ポテチなどで発がん性物質の存在

だいぶ昔に海外でもニュースになりましたが、ポテトチップスなどじゃがいも(炭水化物)を多く含む食材を120度以上の高温で調理すると、
発がん性物質であるアクリルアミドが発生するということが内閣府の食料安全委員会によって評価されたそうです。

なぜこのタイミングで発表されたのかはなぞですが、炭水化物ということはケーキやスナック菓子、そしてコーヒーなんかも対象になってしまうわけです。

日常生活の中でこれらのものを食べないようにするというのは恐らく不可避に近いのではないでしょうか。

結局のところ好きなものを好きなように食べるのが一番ストレスがなくて良いのではないかと思うのです。

もしかしたら他の食べ物だって調理の仕方によっては健康に影響が出てしまうものもあるかもしれませんし、
何が安全で何が安全でないかの線引きなんていちいちしていられません。

なので私は発がん性物質なんか気にせずに好きなものをどんどん食べていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です